FUCCA


FU

パン酵母の顕微鏡写真

  • 市販のドライ酵母、市販の天然酵母商品、自家製酵母の光学顕微鏡です。顕微鏡写真の技術がとっても低いのはお許しください…^^;
  • Blog記事の方に沢山写真を載せてありますので、ご興味のある方は併せてお楽しみください。

  • 写真についているスケールバー(黒い横棒)の「10μm」は、1/100mmです。
    また倍率は全て400倍です。

  • もしも「この酵母を見てみてほしい」というリクエストがありましたら、お問い合わせください。もしかしたらお応えできるかも知れません^^



1)インスタントドライイースト「saf(サフ)」赤ラベル



詳細記事はこちら >>

右側の方の酵母は、ピョコっと飛び出したような状態になっています。出芽(分裂)中です。





2)日清「スーパーカメリヤ」


詳細記事はこちら >>







3)パネトーネマザー




製品は、こんな風に、パネトーネを培養した小麦粉と、ドライイースト(フェルミパン)をブレンドした状態です。
詳細記事はこちら >>

つるんと丸いのが酵母で、いびつなのが小麦粉の粒子だと思われます。
パネトーネ菌が見えているというよりは、きっとフェルミパンのドライイーストが見えてるんだろうな〜と思います。私は見分ける術をもっておりません。。





4)レーズン酵母(自家製酵母)



オーガニックレーズンと水を培養して、酵母液を作りました。

本来ならこれをそのまま見れば良いのですが、数ヶ月前に作ったエキスなので、菌が弱っていそうだったため、小麦粉と酵母液を1:1で混ぜて培養し、元種状態にしたものを観察しました。

詳細記事はこちら >>

いびつな粒子、大きな粒子は小麦粉だと思われます。
元種を起こしたので、酵母はよく増えていて、元気だな〜っていう印象でした。





5)ヨーグルト酵母(自家製酵母)



プレーンヨーグルトに小麦粉と砂糖を加えて混ぜ、培養してできたヨーグルト酵母を、
半年間くらい小麦粉と水1:1でつないでいるものです。

…なので多分もうヨーグルトの特性は抜けて、ただの小麦酵母になってるかもという気もするんですが、これでパンを作ると独特のやさしいふんわり感が出るので、ヨーグルト酵母独特の菌も一緒に生き続けていたりするのかなあ?なんて思ったりもします。

詳細記事はこちら >>

小麦粉の粒子も見えつつ…。レーズン酵母の元種と同じような印象です。
なにやら桿状(棒状)の細菌が写っております。
これが乳酸菌的なものなのかどうかは、私にはわかりかねます。。





6)ホシノ天然酵母



原材料名は、「小麦粉・米・酵母・麹」となっていました。
詳細記事はこちら >>

酵母菌の他に…中央下部に写っているのは、麹菌の菌糸だと思われます。
ホシノ天然酵母は酵母菌と麹菌のコラボ製品ですものね。
面白くなってまいりました。





7)ホシノ丹沢酵母




原材料名は、「小麦粉・米・酵母・麹」となっていました。
詳細記事はこちら >>

ホシノ丹沢酵母も、ホシノ天然酵母と大体同じ印象でした。
あっちでポッコリ、こっちでポッコリ、せっせと出芽(分裂)してらっしゃいます。





8)酒種酵母(自家製酵母)



酒種(酒粕)酵母は、酵母菌と麹菌が共存しています。
私の好きな酵母でもあります。


この酵母は麹菌の面白い器官が見えましたので、ご興味ある方はぜひBlogの記事の方をのぞいてみてください^^
詳細記事はこちら >>


丸い酵母菌と共に写っている棒状のものは、ホシノ同様、酒種酵母の特徴でもある、麹菌の菌糸です。ワッサ〜と沢山見えます。





9)梨酵母(自家製酵母)



梨と水を培養して、酵母液を作りました。

このエキス原液を観察しました。


詳細記事はこちら >>






inserted by FC2 system